LED照明レンタルシステム『あかりレンタル』を展開するあかりレンタルジャパン株式会社の公式サイトです。

LEDレンタルサービス

あかりはレンタルの時代へ

LED照明レンタル導入ビジネスのパイオニア、あかりレンタルジャパン

なぜLED導入が求められるのか?

昨年末に開かれた政府検討会で「白熱灯と蛍光灯について、国内での製造と国外からの輸入を、2020年を目処に実質的に禁止する」という方針がしめされました。

水俣条約:水銀規制、採択 日本、法整備に着手  輸出規制、長期保管が課題
 
 世界規模で水銀の使用や輸出入を規制する「水俣条約」は10日、熊本市で間催中の外交会議で採択された。
条約の発効には、50力国以上の批准が必要。日本では現在、回収された水銀の大半は輸出されており、環境省は水銀を廃棄物として指定するなどの法整備に着手、早期批准を目指す。
 
 会議には約140力国の首相や閣僚級を含む約1,000人が出席。採択に先立ち、会議を主催する国連環境計画(UNEP)のシュタイナー事務局長は、水俣病の歴史に触れながら、「水銀の影響を知りながら使い続けた長い旅を終わらせ、行動をとるときが来た」と各国に早期批准を呼びかけた。条約名は水俣病の悲劇を繰り返さないとの決意を込めて日本政府が提案。前文に「水俣病の教訓」という認葉が盛り込まれた。条約は、水銀による健康被害や環境汚染を防ぐため、水銀鉱山の新たな開発を禁じ、既存の鉱山も発効後15年以内に採掘を禁止。
また、体温計や血圧計、電池や蛍光釘など9種類の水銀含有製品も2020年までに製造や輸出入を禁止する。輸出が認められる製品でも、事前に輸入国の同意書が必要となる。
 
 一方、東南アジアや南米、アフリカ南部の貧困地区で続く小規模金採掘での水銀使用は、大気中への最大の放出源となっているが「実行可能なら廃絶する」と、完全には禁止されなかった。また、公害への被害補償や環境浄化の義務規定が盛り込まれないなど課題も残した。
 
 日本では水俣病をきっかけに水銀の利用量が激減した。現在は、亜鉛や銅などの金属精錬で出た汚泥や、使用済み蛍光灯などから年間約 90トンの水銀が回収され、うち国内利用分を差し引いた84トン(12年度)が輸出されている。条約が発効すれば、輸出規制に加え、海外需要も大幅に減る見込み。このため、輸出でさない余剰水銀を国内で長期的に管理することを迫られる。環境省は安定的な保管方法や置用負担の仕組みなどを検討した上で、15年度中に廃棄物処理法施行令を改正、水銀を廃棄物として指定する方針だ。
 
 条約の発効時期についてシュタイナー事務局長は、「50力国の批准を2~3年で集めることは難しくない」との見通しを示した。大気への排出量が多い中国やインドなどが、いつ批准するかが今後の焦点となる。
 
出典:毎日新聞 2013年10月10日 【阿部周一、松田栄二郎】

 

安倍首相が省エネ対策の一環として表明したこの内容は、国連気候変動枠組み条約締結国会議(COP21)に向けたもので、温室効果ガス削減への取り組みを具体化するものです。

蛍光灯、実質製造禁止へ 20年めど LEDに置換

 
政府は、エネルギーを多く消費する白熱灯と蛍光灯について、国内での製造と海外からの輸入を、2020度をめどに実質的に禁止する方針を固めた。省エネ性能が高い発光ダイオード(LED)への置き換えを促す狙いだ。
 
 安倍晋三首相が26日に財界幹部を集めて、官邸で開く「官民対話」で、省エネ対策の一環として表明する。今月末にパリで始まる国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)に向けて、日本の温室効果ガス削減への取り組みを具体化する狙いもあるとみられる。
 
 政府はLEDと蛍光灯それぞれについて、品目ごとに省エネ性能が最も優れた製品の基準を満たさないと製造や輸出をできなくする「トップランナー制度」で規制してきた。
来夏をめどにつくる省エネ行動計画に、照明についての品目を一つにまとめることを盛り込む。LED並みの省エネを達成するのが困難な白熱灯と蛍光灯は、事実上、製造や輸出ができなくなる見通しだ。来年度にも省エネ法の政令を改める方針。
 
出典:朝日新聞デジタル 2015年11月26日

 

LED化への加速促進

今回の方針は省エネ性能が最も優れている製品の基準を満たさない照明製品は、国内においての製造および輸入を禁止するという内容です。したがって、

 

・白熱球
・コンパクト蛍光灯
・蛍光灯
・水銀灯
 
これらの製品については、国内メーカーでも生産調整に入り、2020年対応を目処に、製造を取りやめる意思表示をしています。

パナソニック全照明器具LED化 2019年までに
 
パナソニックは、26日、国内で販売するオフィスなどの照明器具について、2019年3月までに蛍光灯をやめ、すべてLEDに切り替える方針を明らかにした。人口が減る国内では新しい住宅やビルが増えにくいことから、今ある建物に価格が高めのLED器具を納入し売上確保をねらう。
 
同日、東京都内であったライティング事業の説明会で明らかにした。同社は国内の照明市場のシェアがトップで、国内向けに出荷する照明器具の内LED用が約8割を占める。ただ、住宅や店舗、オフィスなどの照明器具のうち、実際には1割ほどでしかソニックは使われていないという。
 LEDは蛍光灯などより割高な反面、省エネに優れ、専用機器を使えば部屋ごとに色の明るさ調整などができるとして、同社はLED器具の販売を強化する方針だ。照明器具はやめても、蛍光灯そのものの販売は続ける。
 
 一方、海外では人口や経済が伸びている中国やインドネシアを中心に照明の販売を大きく増やす。ライティング事業務の売上高を15年3月期の3177億円から、19年3月期に4千億円に引き上げる計画だ。
 
出典:朝日新聞デジタル 2015年5月27日

 

 

LED照明に変更するメリットとは?

では、従来の蛍光灯からLEDに変更した場合にどのような効果があるのでしょうか?まず、第一に消費電力が抑えられます。蛍光管タイプだと約二分の一、水銀灯だと約四分の一まで軽減されます。

その他にも、寿命が長いことや赤外線・紫外線放射が少ない、即応性に優れているなど様々なメリットがります。

 

あかりレンタルジャパンのLEDレンタルサービス

img
 
弊社はLED製品の将来性に着目し、ユーザーの皆様が製品導入を検討する際に障害となる初期投資の負担を削減し、消費電力の削減による電気料負担の軽減分から、レンタル料を拠出するビジネスモデルを構築して、LED製品の市場普及を推進して参りました。あかりレンタルジャパンのLEDサービスには様々なメリットがあります。

 

安心安全メリット

お客様は、リースによるLED照明機器の導入を行うと資産計上しなければなりませんが、レンタルサービスを利用することにより、資産計上がオフバランスとなります。これによって、ユーザー側のLED照明機器導入意思決定が行い易くなり、実際の導入効果も早期に反映されます。また、製品保証におきましても、独自の長期保証期間を設けて、更にお客様の負担を出来るだけ軽減していく事に努めております。

レンタル契約のメリット

LEDを「レンタル」することで得られるメリットもあります。

・現在支払っている電気料金をLED照明を導入することで削減できる、削減金額内でLED照明のレンタル料金を設定しています。従って、基本的に新たな経費は発生しません。
・LED照明導入時にかかる、工事費等(産業廃棄物処理費用を含む)も全て、毎月のレンタル料金に含まれています。従って導入にかかる工事費用でお客様が導入時実費を負担いただくことはありません。
・レンタル期間中は、一定の予備品をお預けしております。万が一製品不良が発生しても速やかに予備品で対応が可能です。これによるお客様の経費負担は発生しません。

大型施設への導入のメリット

弊社は今までに様々な施設や設備のコスト削減のコンサルティングを行ってきました。その中でも工場や病院などの大型施設への導入実績が多数あり、他社よりも的確かつ迅速な対応が可能になります。

導入を検討される方にも過去の導入事例を参考にしていただき検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

LED照明導入の流れ

LED証明導入までの流れは以下の順になります。
①調査依頼
②分析レポート
③現地調査
④レンタル提案
⑤仮レンタル契約
⑥工程表
⑦製品納品施工
⑧レンタル契約
⑨アフターサービス

 

 

Copyright © AKARI Rental Japan Co.,Ltd All Rights Reserved.会社概要 | 代理店募集 | 個人情報保護方針 | お問い合わせ | サイトマップ